アセンションは近い

ライフスタイルを体系化したい野望のためのブログ

割引やポイントで得た利益は貯金するべきという考え

割引やポイントで得た利益、あなたは普段どうしていますか?僕はそれによって得た利益は財布に入れず、貯金するべきだと考えています。

割引やポイントに惑わされていないか

割引やポイントという存在は厄介なものです。いつもより商品がお得だから、ポイントが残ってるからといった理由で何か買い物できるものはないかと、買う事ありきでショッピングを初めてしまいます。これでは本来お得なはずである割引やポイントのせいで無駄遣いを生んでしまう可能性があります。これは避けなければなりません。

差額を貯金するという節約術

おそらくどこかで聞いた事はあると思います。簡単なルールで、割引やポイントで得をした分の差額はお財布に戻さず、貯金箱などに入れてしまいましょう。たとえば某牛丼チェーンで280円の牛丼に対して50円のクーポンを使ったのなら、280円をそこで払ったことにして差額の50円を貯金箱にしまうということです。ポイントであれば、そのポイントを使った時に、割引があった場合と同じようにポイントを使った分を貯金箱にいれるのです。貰い物のギフト券を使った場合にも同じようなことができると思います。

基本的に使うお金は一定で

月に自由に使えるお金が10万円だったとしましょう。普段はその分で生活が成り立っています。しかし臨時収入があり、もう5万円使えるといった場合があります。普通だったらこの5万を普段より贅沢に使ってしまうでしょう。しかし無理に5万円を使う必要はあるのでしょうか。たとえばこういった話があります。今の生活に見合った家と車を持つ夫婦がいました。時がたちその夫婦も出世し、収入のレベルが上がります。収入があがったのだからその夫婦は以前よりも豊かになったと思いますよね。ですが実際にはこの夫婦は豊かにはなりませんでした。その夫婦は以前よりも良い家に住み、より良い車を購入したからです。そのローンを払い続ける必要が生じ、決して豊かになったとは断言できないのです。話が少しそれましたが割引やポイントといったものにもこのような事がいえると思います。

今以上使うなと言ってるわけではありません

そうやって少しだけ得た利益を、普段の生活の中で使ってしまうのはもったいないと感じるのです。普段の生活の中でポイントを使ってしまえば、食べなくても良かったファミチキがいつもより多く食べれるといった程度で終わってしまうかもしれません。しかし「塵も積もれば山となる」といったことわざがあるように、そうやって得た差額も、貯めておくことでいつか本当に価値のあるものを購入するときに使えます。まとまったお金の方が価値があると考えます。

貯金箱が楽しい

10万円貯まるバンク シルバー

10万円貯まるバンク シルバー

これが僕が使ってる貯金箱です。お札は貯蓄用の銀行口座に貯蓄するとして、硬貨はその場で貯金箱に入れています。最初はトイボックスで100円玉だけで貯金をしていたのですが、100均で似たような缶がうっていたのでそっちを100円玉以外専用として使っています。100円玉貯金のほうをが満杯に近づいてるので開けるときがきたら、1つに統一して貯金しようと考えています。トイボックス製の方が値が張るのですが、やっぱり物がしっかりしているので、形から入る僕みたいな人にはお薦めかもしれません。貯めれれば何でも良いという人は箱に貯金してもいいですが、やはり簡単に開けれてしまうと、なぜか10円玉ばっかになる不思議な現象がおきてしまうので近所の100均で缶の貯金箱を買う事をお薦めします。

 

以上、割引やポイントで得た利益は貯金するべきという考えでした。是非試しに実践してみてください。

10万円貯まるバンク シルバー

10万円貯まるバンク シルバー

100万円貯まるBANK シルバー

100万円貯まるBANK シルバー

広告を非表示にする